脱毛サロンの勧誘の断り方について

うっとおしい勧誘の断り方、かわし方

脱毛サロンの勧誘の断り方は、勧誘されるのが苦手、つい口車に乗せられてしまうという方に是非チェックしておいてもらいたいですね。今は、ネットでの口コミでお店の評判が決まってしまうので、昔のような強引な勧誘はありません。それでも、脱毛サロンも商売ですから、顧客を増やすために、体験コースに来た方には多少なりとも勧誘をします。ただ、「契約するまで帰さない」というような勧誘はないので、そういったことに関して心配する必要はありません。きちんと断れば、脱毛サロン側も無理に引き止めるようなことはしないのが一般的です。

 

でも、人によっては、どうやって断ればいいのか分からないということもあるでしょう。特に、日本人は自分の意見をはっきり言うのが苦手なので、つい断りづらくて契約、なんて方もいるようです。だけど、料金を払って通うものなのですから、本当に納得して契約したいですよね。

 

よく、断るための理由を考える方がいますが、実は理由なんて必要ないのです。契約するかしないかは自分の判断ですから、ただ「結構です」と断ってしまいましょう。理由をつけると、頑張るエステティシャンなら、その理由を覆すことをいろいろと言ってきます。ですから、下手に理由をつけるより、何も理由を言わない方が、相手も応戦できなくて諦めてくれます。

 

もちろん、「どうしてですか?」と聞かれますが、「結構です」の一点張りでいいでしょう。ここで食い下がったり、態度が悪くなるようなら、その脱毛サロンは利用しないのが一番です。逆に、「ご検討ください」といってすぐに引き下がるなら、質の良いサロンですから、契約するお店の候補に入れてもいいですね。


このページの先頭へ戻る